出会い系サイト体験談

ススキノで「石鹸の匂い」をプンプンさせた主婦とW不倫体験!

投稿日:

北の聖地で「出会い系」成功(性交)を目論む!

冬のススキノ

本州では梅雨が明けた頃の話しです。私は東日本随一の繁華街・ススキノの地に立っていました(地震被害に遭われた皆様、一日も早い復興を願っております)。

 

古着ネット通販業を生業とする私(52歳・バツイチ既婚)は、苫小牧の倉庫で倒産品を買い付けて助手を先に帰して「市場調査」という名目の骨休みに訪れていたのです。

もちろん、ただ海の幸を食べるだけでは能がないので、私はあらかじめ「出会い系サイト」PCMAXで現地女性とアポを取っておいたのです。

 

「今度、出張で札幌へ行きます。20年ぶりなので、ススキノの街も変わっていそうだから誰か案内してください」

 

と自分の掲示板にメッセージを入れておいたんです。

ただ単に「北海道」エリアにメッセージするのではなく、その中に“札幌”、“ススキノ”というワードを散りばめて、「地域検索」にも引っかかるようにしておいたのがミソです。

今回使ったサイト⇒PCMAX(18禁)

アラサーの人妻がヒット!

その作戦にヒットしたのが市内在住の琴美さん(仮名・34歳・専業主婦。家族構成は夫と小学校高学年の娘さんが一人)からのメール。

 

「出張で訪れる」というワードに敏感に反応したみたいで、何となく脈がありそうでした。

 

 

琴美「午前中から時間が取れますけど、お仕事ですよね?」

 

私「翌日の会議に間に合えばいいだけなので、前ノリして24時間空いてるんですよ(笑)」(←「会議」自体がウソですw)

 

琴美「不良なんだぁ~、会社に言いつけちゃおうかしら(笑笑)」

 

彼女は気さくというか「出会い系慣れ」しているのが、メールの文面から何となく分かるタイプのようです。こうして、サイト内でメールのやり取りを続けていくうちに自然とアポが取れたのでした。

 

待ち合わせは、翌日の午前にしました。碁盤の目のように整備された、ススキノ市街のハズレの辺りだそうです。確かに、ひとけのない通りの交差点付近でした。

「誰に見られてるか分からないから、念には念を入れて」が理由なのだそうです。

 

 

熟女に路上で捕獲された私w

私は、予定よりも早くホテルを出たので喫茶店に入って時間を潰す事にしたんです。

そして、「そろそろかな」と店を出て人通りのない道を歩いていると、、、私を後ろから追い抜きざまに「おはようー」と声をかけてきた女性が現れたんですよ。

 

私は「危ないオンナ(いろんな意味でw)」だと嫌だし、トラブルは避けたいのでスルーを決め込んで無言で歩いていました。

 

チラ見すると、その女性は推定年齢が30代半ばで背はやや高で均整が取れていて女子バレーの益子直美(元美人アイドル・アスリート)に似ています。オッパイと大腿部、臀部は本物よりも迫力がありそうでした。

 

「PCMAXの人ですよね?」と声をかけてきた、この女性。容姿が、メールで自己申告していた琴美さんと合致しています。という事は本人!?

 

「チラチラ見てないで止まりなさいよぉ。せっかく、話しかけてあげてるんだから!」

 

と私の目の前に立ちはだかってきます。

 

私「琴美さんですか?待ち合わせは、もう少し先の方だったと記憶していますが…」

 

オンナ「喫茶店でお茶飲んでいる姿を見かけたから、尾けてきたのよぉ。迷ってたら可哀想だし、逃げられたらワタシが困るしさぁ(爆)」

 

やはり本物の琴美さんでした。彼女は喫茶店でコーヒーを飲んでいる私を見かけて、尾けてきたようです。

そう言って近寄ってきた琴美さんは、全身からボディソープの匂いがして清潔感に溢れています。それに、コロンの香りが濃すぎます。…。

 

私「もしかして、お泊り帰り?石鹸のいい香りがプンプン匂ってるよ」

 

琴美「そんな事、立ち話じゃできないわよ。お茶でも飲みながら、ネ」

 

マシンガン・トークでリードしていく美熟女

そうして、さっきとは別のカフェへ二人は入って行きました。

彼女の言い分によると、「いくらワタシでも、午前中からふたりの相手はできないわよぉ(笑笑)」。

実際は、久しぶりの「新しい不倫相手」とのデートに備えて念入りにシャワーを浴びてきたんだそうです。

 

琴美「いろんなところを、ゴシゴシ洗ってきたわよぉ~」。

 

なぜ、コーヒーを飲んでいたのが私だと分かったかというと「だいたい地元の人はクルマで移動するから、歩いている男は出張族が多い」との事。

 

で、私を呼び止めた、というのが真相だそうです。

 

私は、そういった話しをしながら彼女が笑ったり姿勢を変えたりする度に揺れる巨乳に見入っていました。すると彼女が、

 

琴美「なぁ~に!胸ばかり見て!! 舐めたいの?揉みたいの??」

 

私「その両方デス。挟まなくてもイイですけど…(笑)」

 

琴美「おかしい人ね。でも、面白いから許してあげるわよ。でもホント、東京の男って自分から誘わないのね。イジイジしてさぁ」

 

「それは、自分がさっさと話しを進めるからでしょ」と声を大に言いたかったですよ。でも、ご馳走を目の前にして機嫌を損ねる事もないので、黙っていました(←大人)。

 

彼女は「後腐れのないのがイイから」と出張族を出会い系でチェックしていると言っていました。

 

琴美「じゃぁ、行きましょうか?」

 

彼女はカフェの伝票を私に押し付けて、さっさと店の外へ出ていきます。クリーム色のパンツから浮かび上がるパンティ・ラインも淫靡です。

 

私は地の利がないので、ここは黙って彼女について行くしかありません。長く塀が続く寺院の裏手にあるラブホへ腕を組んで入って行きました。

 

 

夫とは正常位ばかりなので…

こうして部屋にインした二人は、ソファでくつろぐ間もなく立ったままディープ・キスです。そうしながら彼女は、私の服を脱がしていきました。

 

琴美「アタシはさっきシャワーを浴びたばかりだから、ペンさんを洗う事に専念するわ」

 

と、二人で入った浴室でチンコからアナルまでをブラシと指でキレイにしてもらいます。

私は私で「よ~く洗ってあげるよ」とクレバスに今度は私の指を侵入させて、フェザータッチで内壁から襞までをシャワーソープの液体を塗りつけては洗い流してあげました。

 

琴美「なんだか変な気分よぉ。マンコがムズムズしてきちゃった。あぁ~、気持ちイイわぁ~。責任取って、ここでイカせてぇ~」

 

彼女は、バスタブのヘリに手をついて体を支えると真っ白い肌の巨尻を突き出して“おねだり”とばかりに腰を振っています。当然ながら、オッパイをはじめとした琴美さんの脂の乗った体も揺れて、実にいやらしいです。

 

琴美「そっちも硬くなってるじゃないのぉ。そのまま、入れていいよぉぉ~」

 

私は立ちバックの体制でチンコを差し込んで、彼女の中でグリグリさせました。すると、

 

琴美「あぁ~、マンコが溶けちゃうぅ。とろけちゃうよぉ~」。

 

彼女はバスタブに手をついたまま、巨尻を震わせてイってしまったようです。そのマンコ内部の蠕動を股間全体で味わった私は、発射寸前にチンコを引き抜いて背中に放出してあげました。

 

琴美さんはその後、ベッドに移ってからは、喫茶店での約束通りに自慢の胸を「好きにしていいわよ。乳首を摘んでくれると、嬉しいな」と、またまた積極的です。

ご主人とは、「マンネリの正常位だけなので物足りないに決まってるじゃない」。

 

なもんで、ベッドでは正常位はあえて避けて、騎乗位で納得いくまで動いてもらいました。彼女はオンナ盛りの体を、パワフルに震わせながら「あっ、あっ」と喘ぎながら腰をリズミカルに振っていったのでした。

 

バターのように溶け出したラブ・ジュースがお互いの陰毛をグッチョリと濡らしています。当然、陰毛だけではなくて、私の方は坐骨周辺までベトベトでしたよ。

今回利用したサイト⇒PCMAX(18禁)

当サイト経由で申込むと無料ポイント付きで遊ぶことができます。まずはお試しで使ってみるのがおすすめ!

⇒PCMAXを無料ポイント付きで試す(18禁)

出会い系サイトおすすめランキング

1位:PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
  • 業界最大手(会員1,000万人以上)
  • 登録は無料
  • 初回50ポイント無料お試し(500円分)
  • ポイントは購入額に応じて安くなる

2位:ワクワクメール

  • 他社より利用料安めでコスパ抜群
  • 登録は無料
  • 新規登録で1,200円分ポイントプレゼント
  • 会員数650万人以上

3位:ハッピーメール

  • 登録は無料
  • 新規登録で1,200円分ポイントプレゼント

-出会い系サイト体験談

Copyright© にくしー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.